So-net無料ブログ作成
オーストリア ブログトップ

ウィーン (オーストリア) [オーストリア]

Wien (Austria)
ブタペストからRailjetでウィーン西駅に到着。
1.jpg

まずは Café Central で腹ごしらえ。
2.jpg
ウィーンで食べたいと思っていた3つのうちの1つ目、カイザー・シュマーレン[ひらめき] オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が好んだと知り、気になっていました。甘いフレンチトーストな味でした。
3.jpg

プラーター公園 - Der Wiener Prater -
元ハプスブルグ家の狩猟地。ウィーン中心部にある大きな公園で、映画「第三の男」で登場した大観覧車が有名。
4.jpg

その大観覧車に乗りにやって来ました。
5.jpg

エントランスを抜けると、たくさんのゴンドラが展示されていて、中にはミニチュアや人形が飾られていました。
6.jpg

ゴンドラは1つおきに乗車。
7.jpg

全てが木造です。
8.jpg9.jpg

大観覧車から眺めるウィーン市内。高さは65m。元狩猟地だけあって広大な敷地です。
10.jpg

ゴンドラは真横から見ると、ちいさな車両のようでした。
       11.jpg

満足した後は、プラーター公園内をミニバスで周遊。
12.jpg

レトロな園内でした。
13.jpg14.jpg

公園の後はリングと呼ばれている市内へ。1914年に回廊に造られたアンカー時計は幅10m、高さ7.5mのからくり時計。近くに史跡がありました。
15.jpg16.jpg

シュテファン寺院 - Stephansdom -
11世紀に小さな教会として建造。一番古いものは13世紀のロマネスク式の正面入口の門。
17.jpg18.jpg

モザイクが特徴の屋根は、オーストリア・ハンガリー帝国の双頭の鷲、ウィーン市とオーストリアの紋章があります。
19.jpg

中は七色のステンドグラスが印象的で、
       21.jpg
差し込む光が薄っすらと建物に色づいていました。
20.jpg

ハプスブルグ家の歴代皇帝が住んだ宮殿オーフブルク(王宮)へ。
22.jpg

神聖ローマ帝国が消滅し、オーストリア皇帝となったフランツ1世の像を発見。
23.jpg

一つ一つの作りが大きくて優雅でした。
24.jpg

隅っこにあるアルベルティーナという建物は、たくさんの像がありました。
25.jpg

休憩は食べたいと思っていた3つのうちの2つ目 Cafe Mozart ザッハトルテ[喫茶店] こちらの店内も「第三の男」のシーンに登場したとか。
44.jpg

アルベルティーナの先にあるオペラ座。
26.jpg

その前の道路、オペルンリングを走るトラム。
27.jpg

素敵なお花屋さんを見つけました。
28.jpg

マリア・テレジア広場にあるマリア・テレジアの像。
29.jpg

広場の両脇に美術館や博物館があり、見たい絵画がある美術史博物館に入りました。
30.jpg31.jpg

ハプスブルグ家のコレクションを収蔵する博物館です。
32.jpg33.jpg

入ってすぐからキラキラ[ぴかぴか(新しい)]な食器が盛りだくさん。
35.jpg34.jpg

地球儀もピカピカ[ぴかぴか(新しい)]
       36.jpg

博物館自体も豪華です。
37.jpg

楽しみにしていた絵画を見るため2階へ。
38.jpg

一つ一つ見応えのある絵画が並んでいます。
41.jpg40.jpg

像もなんだか優雅にみえます。
       39.jpg

有名なディエゴ・ベラスケス作「白いドレスの王女」。マルガリータ5歳の肖像画。
       42.jpg

私はピーテル・ブリューゲル『バベルの塔』が見たくてきました。学生の頃に貰ったジグソーパズルがこの絵画で、完成するまでの個人的な思い出が詰まってる絵です[わーい(嬉しい顔)]
43.jpg

名作を堪能した後は、地下鉄でシェーンブルグ宮殿へ。
45.jpg

駅から5~10分歩きます。
46.jpg

しばらく歩くと見えてきた正門入口。
47.jpg

赤い部分が宮殿で、緑の部分が庭園です。宮殿の見学は26室か40室のどちらかのコースです。
       48.jpg

これがマリア・テレジア・イエロー!
49.jpg

あまり並ぶことなくチケットを購入し、ゲートを抜けて中へ。中は写真撮影禁止でした。
       50.jpg

食事
食べたいと思っていた3つの最後の3つ目、ターフェル・シュピッツを食べるため、FIGAROに載ってて気になったレストラン Zu ebener Erde und Erster Stock へ。マリア・テレジア広場から徒歩圏内です。
51.jpg
2階へ上がると、かわいい店内。予約無しの一番客でしたが出る頃には満席に。
       52.jpg
フランツ・ヨーゼフ1世が最も愛した料理をコースで。牛ランプ肉を煮込んだ料理で、まずは前菜、次に肉を煮込んだスープ、と出てきました。
53.jpg
美味しいスープはお代わりができ、それを満喫したらメインのお肉がでてきます。
54.jpg
スープを2杯満喫した結果、デザートが入りませんでした、、、
55.jpg
ターフェル・シュピッツ、とても美味しかったのでまた食べたいです。

ハプスブルグ家の歴史と食が堪能できた楽しいウィーン観光でした。

次は、年末のロンドンです。

旅の参考文献
   
nice!(37)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
オーストリア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。