So-net無料ブログ作成

カステルモーラ (シチリア島) [南イタリア]

Castelmola
タオルミーナから約5kmほどの近郊に奥高くそびえ標高529mにある町、カステルモーラ。
タオルミーナの4月9日広場から、山の頂上で光る十字架を見つけ「上に何かがある?」という、夜だから気づいた偶然の発見とその延長でカステルモーラの存在を知り、訪れることに。

カステルモーラへは、タオルミーナから歩くと1時間ほど。その1時間は、ひたすら階段か急な坂道を上がり続ける道のりです。

カステルモーラへの道のり
タオルミーナ → タウロ山(教会) → カステルモーラ
 
 - 4月9日広場の背後で光る何かを発見 -      - 険しい道のりのスタート地点 -

 
 
階段を登り続けるも、振り返ると壮大な景色が広がります。

 
中盤まで上ると、タオルミーナが一望でき、ギリシャ劇場(真ん中より左上)より高い場所へきたことに気づきます。

 
神戸のヴィーナスブリッチへ登る道を思い出す道のり(それより遥かに高いですが)。上を見上げていた4月9日広場が小さくなっていました(写真左寄りの三角屋根あたり)

 
4月9日広場から見えていた教会はもうすぐ(写真右)。景色の先にはカターニアが見えます。

 
         - 教会内 -                      - カステッロ -

洞窟の中を切り開いたような教会内部。教会からはタウロ山の山頂に建つサラセン人の城塞が見えます(門が閉まっていて入れませんでした)。

タオルミーナ → タウロ山(教会) → カステルモーラ
教会からタオルミーナを見下ろしていると、走っている車から「タオルミーナは最高!」と地元人らしき男性が叫んで通り過ぎました。陽気です。
そして、毎日ここへ散歩にきているというおじさまが、ベストショットをバックに私を入れて何枚も写真を撮ってくれました。親切です。
案の定、写真を撮り終わるとワインでもどぉ?と言われましたがキッパリ「NO!」と言うと、しつこくはしてきません。爽やかです。

タウロ山の教会までは景色を堪能しながら、ひたすら階段を上がって30分ほど。ものすごく登った気がしましたが、まだまだ上がありました。教会からはタオルミーナから見えなかったカステルモーラがハッキリ見えます。それはラグーザに続き、天空の町を彷彿するような佇まいでした。
 

タウロ山の教会からカステルモーラまでは周辺の景色を見下ろすように坂道を上がっていきます。
 
そして見上げると、少し気が遠くなるような断崖が目の前に。近づくにつれて坂の傾斜もキツくなってきます。

カステルモーラ
玄関口からの眺望。高すぎて、少し登ったくらいでは下の方の景色が変わらなくなっていました。
 
町は迷路のように細々と道が伸びていて、狭くて坂や階段の多い通りは、カプリ島と似た感じを受けました。山の頂上にへばりつくように家屋が密集してるだけあって、小ぢんまりした町です。
 
空気が澄んでる日にはカターニアより更に向こうにあるシラクーザまで見えるそうです。
 

食事
 
蛸のニョッキのトマトソースとイカのグリル。海を見下ろしていると海の幸が食べたくなり魚介づくしに。登山で喉がカラカラになったせいか、500mlのスパークリングウォーターだけでは足りず、レスカを追加。いい運動になりましたが、翌日はかなりの筋肉痛でした。

カステルモーラは美味しい空気を吸いながら絶景を望むのに適した場所。タオルミーナから1時間おきくらいでバスが出ていますが、景色を楽しむのは、タオルミーナからタウロ山の教会まで歩くのがお薦めです。私のように高いところを見るとついつい登ってしまいたくなる方は、時間と体力があればカステルモーラまで登るのも楽しめると思います。

旅の参考文献
    
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。